インプラント専門医の情報

HOME | SITEMAP

トップ » インプラントのやり方

新着情報

インプラントは顎骨に埋め込む

何らかの理由で歯が無くなってしまった場合、食べ物が噛めなくなってしまい、すごく困りますので代わりの歯を埋め込みますが、今は顎骨に埋め込むインプラントが多くの所で取り入れられています。材料はチタンが使われており、天然歯の状態により近く回復し、周囲の歯にも負担をかけることが少ないです。しかし、顎骨に直接負荷を掛けるので手術の失敗なども有り、予備知識と検査が必要であります。インプラントの術式には,1回法と2回法がありますが、どちらが良いかの差は殆んど無くなっており、1回法は手術回数が少なく費用も安くて済みます。2回法は、よりシビアなケースであったり、骨増生手術を同時に行う場合に採用されることが多いです。

2回法とは2回手術を行います

インプラント治療には1回法と2回法があります。1回法は1回の手術で済みますが、2回法とは手術を2回行う治療法です。1回目の手術でドリルであご骨に穴をあけます。その後、歯根部分を埋めた後に、歯肉を縫って閉じます。そのまま骨と歯根部分が定着するまで待ちます。定着をしたことを確認して、手術で歯肉を切開します。人工歯と歯根部分を繋ぐ為にアバットメントを取り付けます。アバットメントを装着するために手術が2回必要となります。その後、歯の型取りを行ってから、人工歯を作成します。2回目の手術で切開した歯肉が治ったあと、かみあわせの調節を行います。それから、人工歯を取り付けます。これが、インプラント治療の一通りの流れです。