インプラント専門医の情報

HOME | SITEMAP

トップ » インプラントの治療方法は

新着情報

インプラントの1回法について

歯のインプラントとは、義歯が外れないように骨に直接埋め込む人工歯根のことで、その手術は1回法と2回法があります。1回法とは、人口歯を取り付けるまでに外科手術が1回のみ行われる方法です。2回法と比べて歯肉の切開が一回で済み、又手術時間も短く抑えられるので患者の負担が少なくて済みます。又、インプラントとアバットメントが一体化したものを使うのでコストを抑えられ、強度に優れているというメリットがあります。ただし、この人工歯根を埋め込むことのできる顎の骨が十分にしっかりとあることが必要になります。治療期間が早いことを希望している方には、この方法が向いています。

1回法と2回法について

虫歯がひどく進行してしまったりケガで歯が欠けるけてしまった場合には、歯科医でインプラントを薦められることがあります。これは、顎の骨に設置した金具の上にかぶせ物をする方法で、手術回数から、1回法と2回法があります。前者の一回法は、歯肉の切開が一度だけなので、患者の負担も大きくありません。ただし、インプラントを埋め込む顎の骨がしっかりとしていることが前提となるため、使用できる方が限られてしまいます。後者は、歯肉の切開を二度行う必要があることから、その分だけ1回法より患者様への負担が大きくなります。しかし、骨と金具がしっかりくっつくまで時間を待つことができます。そのため、より多くの方を対象に採用することができます。