インプラント専門医の情報

HOME | SITEMAP

トップ » インプラント治療の安全性

新着情報

インプラントは必要か

皆さんは失った歯を取り戻すためにどんな治療法を選択しますか?見た目がキレイだから、芸能人をはじめとして多くの人が受けているから、という理由で安易にインプラントをすればいいと考えていませんか?しかし、この治療にも欠点があり、すべての人に適するとは言えないのです。それは治療の長期化、高額化という問題にとどまらず、健康に関するものまであります。この治療法は手術を伴うため、血管や神経を傷つけることや、障害が出るリスクが常にあります。昨今の健康意識の高まりから、身体の健康を考えて生活している方は多いでしょう。しかし、歯のことを考えている方はあまり多くないと思います。普段考えていない部分だからこそ、インプラント治療にはセカンドオピニオンが必要ではないでしょうか。

セカンドオピニオンの重要性

セカンドオピニオンとは、病気の治療方針などについて主治医以外の意見を聞くことです。インプラント治療を受ける場合にも、主治医以外の専門家の意見を聞くことが大切です。この治療は、人工の歯の根を骨に埋め込む治療のことを言います。治療期間も長くなり、代金も自費となるので高額になります。患者さんからするとインプラント治療は、治療前には、かなりの不安があるので第三者の意見を聞くことも必要なのです。また、主治医の勧める治療法が病気に対しては最適であっても患者さんに合うものだとは限らないので、一人の医者の意見を鵜呑みにするのは危険なことだとも言えるのです。